« 「低額」給付金ねぇ。 | トップページ | グズはイヤだ。 »

2009年3月12日 (木)

江戸幕府の三本柱①西暦だと今日が誕生日の御仁

西暦1823年3月12日、つまり186年前の今日は、旧暦だと文政6年正月末日に当たるみたいです。
つまり、今日は「江戸幕府の三本柱」のひとり、勝海舟shipの誕生日ということになるんですわ。

昨年から続く「脳内幕末明治祭り♪」だけどね、その実態はといえば「奇傑・勝麟太郎waveと愉快な仲間たち」が大部分を占めているような気がする(爆)。

キッカケは昨年のNHK大河ドラマ「篤姫」だ。
ある人から「あの~勝さんって、あんな江戸っ子みたいな喋り方する軽いキャラクターでよかったんですかね」って言われて、思わず「いや、彼は庶民の中で育った江戸っ子なんで、寧ろもっと粋で洒洒とした雰囲気でもいいのですよ。ソ○トバンクのお父さんじゃあ、ちと渋い気がしますねぇ。できりゃあ、肌の綺麗な、小柄で身軽な俳優さん(本物の勝さんは越後人の血の影響か色白で、推定身長158糎と小兵)、しかも声の張る(ヤットウの稽古場や海上で鍛えられてるから)30代後半か40代前半くらいの人に演じてもらって、チョイワルかつチョイエロheart02な雰囲気を醸してほしかったです。だいたいねぇ、脚本自体が変なんですよ(略)…」とやらかした。
「篤姫」の脚本における史実の解釈や主人公を光らせるための手法のヘタレっぷりはハナから話にならなかったけど、個人的に気になったのは、幕府側の話が中心になる筈なのに幕臣たちのスッタモンダが描かれず、その結果重要な「役者」たちが省かれたのみでなく当時の有名無名の人たちが何のために生き何のために死んだのかさえ分からなくなってしまったこと。そのあたりのフォロー役をかっつけられたのが脚本によってサビ抜き灰汁抜き毒抜き処理を施された勝麟太郎だった。コノヤロー、教科書以上に変な幕末史と勝海舟像を全国規模で派手にバラマキやがって…。

幕臣好き(左幕という訳ではない)で江戸好きな関係か、もともと何となく勝さんたちが好きだった自分は大いに憤慨した。が、幕末明治史について特に詳しい訳でもないし、彼らの「エラさ」についてちゃんと理解している自信もない。これでは脚本の文句は言えまい。それで家にある幕末明治関連本を掻き集め読み漁ることにした訳だ。
「役者」が沢山登場する幕末明治史は話としても面白く、現代の問題と直接関わっていることなんかもありそうで興味深い。なるほど、幕末好きが多いのも頷けるというもんである。

そのうちに勝さんの猛毒に当たったようである。
私の中で幕末から19世紀末までの歴史は勝麟太郎が中心になってしまった。(呆)

さて、勝麟さんとは何者か。
これを一言で表現するのは難しい。12歳まではお役人、20代前半までは直心影流の剣客、その後は苦学生、洋学者、教育者、海軍技術者、軍事専門家、そして渡米後に「政治家」の肩書きが加わる。
自分が思うに、彼は本質的には政治家だ。「生まれながらの」と表現してもいいくらい、深い部分で政治家である。

…だから、胡散臭いのだ。
そして、
嫌われる。


鼻持ちならんほど怜悧で雄弁、舌先でヒトを丸め込むことなんか朝飯前。
高い所から人の世を見下ろして本質をズバッと見抜く。
本質が解るから偏見がない。
偏見がないから広い知識と凄い人脈が得られる。
ケチなことは大嫌い、自分で食っていける自信があるから人に媚びない。
筋を通すためなら嫌われてもいい。
軸がブレない。
肝っ玉の据わり具合(一翁さんのコトバを借りれば「睾丸」の据わり具合か。笑)は超一流。
照れ屋で冷笑家で口が悪いが、実は情に厚い。(それでこそ江戸人だ。笑)
剣も喧嘩も強いが、女には弱い。
庶民の明日の暮らしを守るというミクロ的視点と、100年の国家構想とか世界平和とかいうデッかい話がきちんと結びついている。
言い訳をしない。
ホラ話が好きだ。
四方八方敵だらけでも平気でいる。

…何れにしても変な男である。
つい最近まで銅像(全身像)さえ建たなかった徹底的不人気ぶりが素敵だ。なんせ座敷牢で出来た子である。(それは関係ないか。笑)それにあの面構えだ。間違いなく変人shineだろう。

まだまだ評価の定まらない、しかも誤解されることの多い人だと思う訳だけど、個人的には「江戸ツ子の傑作」であり「化け物見たやうな政治家」だと思ってます。その癖ツッコミどころ満載のキャラだから面白い。

…書いてるうちに、この御仁に弟子入りしたくなってきたかも。お江戸は赤坂、通称化け物屋敷の通称ボロ塾に入塾して、講師の杉センセや兄弟子の与之助サンたちに「お前はどうしようもねえグズだな」と怒られてみるとか、「神戸海軍塾」でリョウマやコジロウたちの尻馬に乗って(?)みるのも悪かないか。
てことで、今日から早速「自称・勝海舟の弟子」になってみることにする。
化け物の弟子、上等じゃねえか。(・・・何故か江戸弁風だ。爆)

|

« 「低額」給付金ねぇ。 | トップページ | グズはイヤだ。 »

今日は何の日?」カテゴリの記事

勝先生と愉快な仲間(幕末明治ネタ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147858/28589830

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸幕府の三本柱①西暦だと今日が誕生日の御仁:

« 「低額」給付金ねぇ。 | トップページ | グズはイヤだ。 »