« 吉橋通夫「凜九郎①」(講談社YA!ENTERTAINMENT) | トップページ | MCAS Word 2007 (備忘録) »

2009年4月13日 (月)

赤壁(笑)

例の「○福の○学」のトンデモ前世本を、パラパラ見てきた。(読んだうちには入らん。詳しくは3月23日のエントリー参照。)新興宗教本のコーナーに長くいるのはイヤだったから、例の「元徳・孔明コンビ」(=リョウマ・リンタロウのコンビ。爆)のとこだけをチラッと覗いてみただけなんだが。

まあ、予想にたがわず大したことは書かれてなかったかな。イラストはなかなか上手で、扇がトレードマークの孔明さんの生まれ変わり(笑)である勝さんに末広を持たせてあるのはまずまずの工夫だ、と思ったsweat02

しかし、ネゴシエーター、コーディネーターとしての天才的な手腕と豊かな表現力を持ってる筈のリョウマは「才」に欠け、戰や殺生を回避するために自らの命を賭し、裏切者と罵られても一歩も引かなかった筈のリンタロウは「徳」に欠けていると言ってるみたいな気がして、なんかビミョーな本だった。(ご両名に失礼だぞ。)

夜テレビをつけたら、映画「レッドクリフ」が放送されてて、ウケた。土佐弁の劉備元徳とか江戸弁の諸葛孔明とかが出てこなくて一安心(爆) なお、天才軍師・孔明さんはカルタゴの名将・ハンニバルだったこともあるそうだ。何だそれ。いい加減にしろ。

|

« 吉橋通夫「凜九郎①」(講談社YA!ENTERTAINMENT) | トップページ | MCAS Word 2007 (備忘録) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

本の話&感想文(ネタバレ気味)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147858/29095440

この記事へのトラックバック一覧です: 赤壁(笑):

« 吉橋通夫「凜九郎①」(講談社YA!ENTERTAINMENT) | トップページ | MCAS Word 2007 (備忘録) »