« メモ:傑作悪漢小説の続編 | トップページ | 怪しいプロデューサー。 »

2009年7月28日 (火)

弱肉強食、或いは真夏の宵に。

弱肉強食、或いは真夏の宵に。
近所の駐輪場にオニグモ♀が一匹棲息している。昼間は店仕舞いしているが、夕方になると人間サマの自転車のハンドルやカゴを使って、盛大に網を張る。そのサイズ、凡そ1m。それが毎日繰り返される。
日が暮れてから側を通り掛かると、彼女はナツアカネらしきトンボを捕まえて、グルグル巻きにしている最中だった。

…短い夏の夜の壮絶な生死の現場。こいつらも必死に生きてるんだよな。なんて思った次第。

画像は今日の間食「G3G3(グミグミ)」。形状は怪しいクチビル型。上唇と下唇の味と食感が違うのがポイント。買うのは恥ずかしかった(爆)

|

« メモ:傑作悪漢小説の続編 | トップページ | 怪しいプロデューサー。 »

うまいもの」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147858/30734295

この記事へのトラックバック一覧です: 弱肉強食、或いは真夏の宵に。:

« メモ:傑作悪漢小説の続編 | トップページ | 怪しいプロデューサー。 »