« 怪しいプロデューサー。 | トップページ | こんがり。 »

2009年7月31日 (金)

松原秦道さんのこと。

偶然にしては出来すぎている。人間生きていると、たまにはそんな経験もするらしい。

一昨日、母が珍しく(?)本を買ってきた。

■松原秦道「わが子に伝えたい般若心経のこころ」

別に「わが子に伝えたい」なんて気持ちはこれっぽっちもなかったが、通り掛かりに何気なく手に取ってみたら気に入ったフレーズがあったから…ということらしい。

母「でね、作者がどんな人かと思ったら、あんたの大学の大先輩で、この本が出版された当時、既に94歳だったそうなのよ」
私「へぇー。そんな人がいるんだ。まだ御存命かねぇ。今101歳って計算になるよ。」
母「案外そうだったりするかもね。お坊さんは健康的な生活をしてるから」
私「そうだったらいいねえ…」

そのときは、そんな話をしていたのだ。

そして、昨夜。

母「あのねぇ…例の般若心経の本の作者の人ねぇ」
私「あの2002年で既に94歳っていう?」
母「そう。あの人がさあ、」
私「うん、あの人が?」

母「亡くなったそうだよ」

私「…ええっ!?い、いつッ?!」

母「昨日の午後だって。」
私「ちょっ…だ、だって…御存命かどうか話してたのが昨日の午後だぜ?」
母「……そうなのよ」

…暫し沈黙。

松原秦道さん。
明治40年東京生まれ。臨済宗龍源寺の前ご住職。2009年7月29日、肺炎で亡くなる。享年101歳。

合掌。

|

« 怪しいプロデューサー。 | トップページ | こんがり。 »

本の話&感想文(ネタバレ気味)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147858/30769315

この記事へのトラックバック一覧です: 松原秦道さんのこと。:

« 怪しいプロデューサー。 | トップページ | こんがり。 »