« 選挙の前に。 | トップページ | ヅーフ・ハルマ。 »

2009年8月30日 (日)

再び選挙の前に。

野党は国民をたぶらかしている、ヤツらのやろうとしていることはご機嫌取りのバラマキだ、財源はどうする。彼らの主張は夢物語だが、我々には実績と地に足のついた政策がある。

…そういうお前さんがたは、財源もねえのに赤字国債を発行しまくって、まだ生まれてもいない日本国民にまで借金を拵えやがった。ちょっとレールから滑り落ちれば真っ逆さまに転落するような社会を作りやがった。それを「実績」と言うなら、それでも構わんさ。

確かにね、野党には政権を担ったという「実績」さえない。それに今は野党だから勝手なことも言えようよ。だけどさ、自分は「主体的であることを歓迎する雰囲気のある社会」「何かしくじったときに前例がないとか経験がないとかいう理由で攻撃されることのない社会」を望んでいる。当然ながら一度も政権をとったことのない連中に政治ができる筈がない、というのは誤った了見だと思う。経験の無さが失敗の理由のひとつになることはあろうけど、バカにされたり非難されたりする理由であってはいけないんだ。

何かを引っくり返したいという野心がある訳じゃない。
寝言ばかり繰り返している無能な艦長や士官たちに付き合って、このまま何もせずに艦ごと海に沈んで魚の餌になるのは真っ平御免だと言っているだけだ。

|

« 選挙の前に。 | トップページ | ヅーフ・ハルマ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147858/31159148

この記事へのトラックバック一覧です: 再び選挙の前に。:

« 選挙の前に。 | トップページ | ヅーフ・ハルマ。 »