« 勝先生と詩吟の会@洗足軒 | トップページ | 血液型と、占いと。 »

2009年9月26日 (土)

何とか読破(-ω-;)

何とか読破(−ω−;)
稀代の不良旗本にして凄腕の剣術遣い、喧嘩侍・勝左衛門太郎惟寅が遺した伝説の自叙伝「夢酔獨言」、一応読破w

もぅ読みづらくて読みづらくて死にそうだったが、派手な喧嘩の様子や市井の人々との遣り取りなんかは本当に生き生きと描かれていて、臨場感は抜群。著者の口真似をするなら、「めつぽふけい(滅法界)に面白かつた」。

メモに少し毛が生えた程度の年表を拵えながら読んだから、それも近々ネタとしてUpしておく予定。

画像は、本書に付けてあった白紙の簡易ブックカバーへの落書き「著者の夢酔先生&総領・義邦さん之図」。(小吉つぁん&麟さん、って呼んだほうがしっくり来るかな。)
この親子、言動があまりに似ているんで正直気味が悪い。若しや、これがDNAの力というヤツか(´□`;)

|

« 勝先生と詩吟の会@洗足軒 | トップページ | 血液型と、占いと。 »

勝先生と愉快な仲間(幕末明治ネタ)」カテゴリの記事

本の話&感想文(ネタバレ気味)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147858/31523751

この記事へのトラックバック一覧です: 何とか読破(-ω-;):

« 勝先生と詩吟の会@洗足軒 | トップページ | 血液型と、占いと。 »