« 限定プリッツ。 | トップページ | 十五夜なれど。 »

2009年10月 2日 (金)

夜更けに。

金も時間も人の命も尽きるときがくる。人の世にある全てのモノは有限だ。
そんなことは当然のことなのに、我々の殆どがそれを忘れている。自分の居る小さな箱庭を世界だと思い、過去も未来も無く今が永遠だと思いたがっているから、目の前にあるモノをを無駄に消費してしまう。

本当は「余剰」なんて幾らも存在しなくって、場所や時間が変われば不足するものも出てくるだろうにさ。

そこで気付いた。
それで「経済」なのか、と。流通、貯蓄、投資、雇用…。

東洋で「経済」と云えば、もともと「経世済民」或いは「経国済民」の略語のことだけど(因みに英語の"エコノミー"にこの語を当てたのは、福澤ナントカ。基本他人に優しくねえテメエに経済なんぞ語られて堪るか。笑)、経済って金勘定の話じゃなくって、人・モノ・金の流れを作って、それらを必要なところに回そうって話なんだな。有限なモノを無駄にしないで需要に応じて供給するための「仕組み」の話でもあるわけか。

だとしたら確かにそれは経世済民だわ。と思って夜空を見上げたら、南の空に左上のほうが少し欠けた月が出ていた。
「今夜は十三夜くらいか」と独り言を言いながら、月がこんなに高く昇るようになったんだから、秋も深まってきた筈だと思った。空は澄んでるのに空気は冷たく湿っている。

天気予報では、明日は雨だ。

|

« 限定プリッツ。 | トップページ | 十五夜なれど。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147858/31605300

この記事へのトラックバック一覧です: 夜更けに。:

« 限定プリッツ。 | トップページ | 十五夜なれど。 »