« 酉の市@花園神社 | トップページ | 「夢酔獨言」解読用年表(PC用) »

2009年11月27日 (金)

幕末明治廃人な朝だった。

まったりと朝飯を喰っていたら、父がまったりと一言、

「おい、白虎隊の白虎は、『ホワイトタイガー』かねぇ。」

そんな訳ねぇだろ、だいたい何で英語なのさ?と思いつつ…

「じゃあ青龍は?」

「ブルードラゴン!(得意満面)」

予想通りの答え。「玄武は?」って訊こうと思ったけど、やめた。

朝っぱらから白虎隊青龍隊。
脳内が瞬間的に幕末明治に模様替えされたところまでは良いとして(いや良かねえって。汗)、まだ金曜だと云うのに例の師弟コンビ、龍の字&麟の字が脳内を占拠。

(*´A`)「ほいたらーわしゃあー『どらごん・ほぉす』ーですかぇのぅー、センセィ!」
(`・ω・´)「ん。じゃぁおいら、『びくとりぃ』」

自分で思いついておきながら文句を垂れるのも如何かとは思うが、…もうね、阿呆らしくって死にそうだ。しかも最近「阿呆」という言葉を聞いた瞬間「おいらアホウの守(かみ)だからよぅ」って台詞が何処からともなく降ってくるし…。(勝先生は「安房守(あわのかみ)」が結構気に入っていたらしい。「安房は関八州の隅っこの、八州一小せえ国だ。それに見ねぇな。この字は『アホウのカミ』って読めなくもねえじゃねえか。」ってことで。笑)

いつまで続くんだ…幕末明治廃人生活。
世の中の歴史好きの人の頭ん中って、こんなふうに昔の有名人たちが闊歩してたりするもんなんだろうか(苦笑)

…しねえよなあ(´・ω・`)

|

« 酉の市@花園神社 | トップページ | 「夢酔獨言」解読用年表(PC用) »

勝先生と愉快な仲間(幕末明治ネタ)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147858/32383337

この記事へのトラックバック一覧です: 幕末明治廃人な朝だった。:

« 酉の市@花園神社 | トップページ | 「夢酔獨言」解読用年表(PC用) »