« 大河ドラマ「龍馬伝」、観てみたよ。 | トップページ | とびきりハンバーグサンド「チーズ」。 »

2010年1月 5日 (火)

川越氷川神社。

一応初詣なんかにも行ってきたので、ネタにしよう。

 
訳あって埼玉県川越市の「氷川神社shine」に詣でるようになったのが数年前。
最初は訳アリの参詣だったのだけど、境内の明るく清々しい空気が妙に気に入って、それからずっと何かあるとご挨拶に行っている。
今年は新作おみくじを引くのを忘れてしまったのだけど、まぁそれも神さまの思し召しか。
 
当初は木製では日本最大という大鳥居の存在には気も留めず(留めろよ。笑)、駐車場の向かいの小さな鳥居をひょいとくぐって中へ入り、お参りが済んだら、再びススッとそこをくぐって退散していた。
ところがある日、どうした風の吹き回しか「たまには大鳥居から入ってみようflair」ということになった。 
この鳥居が「とんでもないもの」であることを知ってしまったのは、そのときである。

 
鳥居そのものが問題なのではなく、社号の書かれた中央扁額のほうね。
これを書いた「看板書き」がとんでもない御仁だったのだ。

2010
どうです?
この遊び心たっぷりな書体。
「川」の字の3画目なんて、如何にも感性で書いている感じでしょ^^
(これは今年撮影。)

 
そんでもって、こちらが扁額を発見した当時、吃驚仰天して思わず撮影した鳥居前の立て看板。
Photo

以来、自分はこの扁額のことを「魔除けの中央扁額」と呼んで必ずご挨拶をして通ることにしている(笑)

 
 

しかし・・・縁結びで有名な神社の看板書きが、なぜこの先生なんだろう。
「氷川町つながり」か。それとも先生がモテモテだからか(爆)
 
いや、「縁結び」がどうの、ってことじゃなくて、先生が心から庶民の生活の平和を願った人だからかな。
 
そのうち神社の人に訊いてみようっと。
 
なお、自分は今年も結局何もお願いしませんでした^^;
一礼して柏手を打った瞬間「去年はありがとう。来年もきっと来ます。」以外のことは頭からすっ飛んでしまうんだ。
 
まあ、それも悪くないか。・・・と最近は思うことにしている。
-----------------------------
 
■勝海舟先生の揮毫を現地でご覧になりたい方は、こちらをご参考に。
川越 氷川神社 (公式サイト)

|

« 大河ドラマ「龍馬伝」、観てみたよ。 | トップページ | とびきりハンバーグサンド「チーズ」。 »

おでかけ」カテゴリの記事

勝先生と愉快な仲間(幕末明治ネタ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147858/32860871

この記事へのトラックバック一覧です: 川越氷川神社。:

« 大河ドラマ「龍馬伝」、観てみたよ。 | トップページ | とびきりハンバーグサンド「チーズ」。 »