« 今年の目標。 | トップページ | 川越氷川神社。 »

2010年1月 4日 (月)

大河ドラマ「龍馬伝」、観てみたよ。

えー・・・別に酷評するつもりはないんでありますが、ここからは酷評って言われても仕方ない内容になります。
悪しからず。
 
-----------------------------
 
「母上が教えてくれたがじゃ。
 憎しみからは何も生まれん」。

 
もうね、バカじゃないかと。
もともと生温かい目で見てたってのもあるんだろうけど、これで興醒めしましたわ。
 
「憎しみからは何も生まれん」って(笑)。
主人公はこれから何箇月もかけて成長するんじゃないのか?
初回に何を言わせているんだ、脚本家は。
一歩間違えるとキレイゴトに聞こえてしまう台詞は、扱いが難しい。
でも、そこが脚本家の腕の見せ所じゃないのか。
マンガとかでありそうな感じでよかったらさ、たとえば・・・亡き母上が口癖のように言っていた台詞を成長してからもうっすらと覚えていて、それが或る時期になって或る出来事をキッカケに真の意味が解って、雷に打たれたようになる・・・というシーンがずっと先にあるとかね・・・そういうのだったら、解る。せめてそういうのにしようよ。
 
以下、雑感箇条書き。 

 
■オープニングの映像にダサい英語が入るとかは許す。変なCGも別に構わない。ストーリーとは関係ないからね。

■身分は低いけど裕福な郷士の家庭っていう雰囲気があまり感じられなかったのが気になるんだ。兄ちゃんが商売上手で・・・って話もしにくくなっちゃうじゃないか。

■脚本家が「新解釈」みたいなことを言っていた記憶があるが、どこが新しいのかね。これから新しくなるのかね。

■弥太郎は演技が上手かったけど、そもそも何でまた「弥太郎がリョウマの志を継ぐ」みたいなファンタジーになってるんだろ。

■見始めて30分くらいで時計が気になってしまった。展開が単調なのと、暗く汚い画面が多すぎたからかな。

■岡田以蔵は、ありゃ何だ。なんか人斬り稼業に精を出したのも「若さと純粋さゆえに」みたいにされちゃいそう。
身分が低く、学が無く、屈折していて・・・というキャラクターを期待しても無駄なのかなあ。
尊皇攘夷運動のダークサイドの象徴のような存在のようにも見えなくはないけど。
(ちなみに司馬先生の「人斬り以蔵」も自分は微妙に好きになれなかった。笑)

■NHKは今年も子役で引っ張ろうとしていたのかもしれないが、子乙女姉ちゃんと子弥太郎は「おう、大河だ」と思わせるモノがあったけれど、子リョウマは・・・なんつーか、可愛らしいだけだったような気もする。

■本当は「怖いもの見たさ」で続きも気になるんだけどさ・・・武田鉄矢の勝先生とかね(笑) この先耐えられるとも思えない^^;

■広末よ・・・もう休んでよし。
 
■今日のMVP=「犬」
-----------------------------
 

ちなみに自分が「見たくねえw」と思う幕末モノの特徴を列挙しておくと・・・

 
□大久保一翁&勝海舟の幕臣コンビがダサい
□特定の人物を美化したり過大評価気味に描いたりする
□西郷さんが小さい
□大久保一蔵さんが弱そう
□臭いものに蓋をしまくる
□友情とか家族愛とか恋愛とかが強調された結果、ただのホームドラマに
 
このドラマ、今の段階ではかなりの条件を満たしそうな香りがするんですが、どうなんだろう。
まだ「ダメだ」と斬り捨てるのは早いですかねえ。
(本当は武田さんの麟さんなんか福山さんの龍馬に 斬 り 捨 て ら れ ち ま え 、と思っている。笑)

 
まぁ、どうであれ。
現代の価値観を勝手に持ち込んだ変な脚色があったりするとガッカリするから、それだけは御勘弁願おう。

 

|

« 今年の目標。 | トップページ | 川越氷川神社。 »

テレビねた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147858/32859261

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ「龍馬伝」、観てみたよ。:

» 「龍馬伝」1回目 [星を枕に月を見る]
正月休みも終わり、今日から今年も仕事スタートですといっても、今日は神社にお参りに行っただけで、さっさと帰りました昨日は龍馬伝の1回目の放送でしたね風呂に入ってたので、見始めたのが30分遅れになってしまいましたちょうど龍馬の青年期が始まったところでした感想とい...... [続きを読む]

受信: 2010年1月 5日 (火) 00時34分

» 大河ドラマ 「龍馬伝」(主演 福山雅治) 加筆あり [noBlog SINSEIの自己中で行こう!]
昨年のテレビドラマ「JIN-仁-」以来、久しぶりのドラマ見たいモードのSINSEIです。日本の歴史でいつが好きかと問われれば迷わず「幕末!」と答え、歴史上の人物で誰が好きかと問われれば迷わず「坂本龍馬...... [続きを読む]

受信: 2010年1月17日 (日) 15時54分

« 今年の目標。 | トップページ | 川越氷川神社。 »