« アポロ入浴剤。 | トップページ | 坂本龍馬と勝海舟、その出会いの真相とは。 »

2010年4月17日 (土)

香水: Calvin Klein "CK be"

ブランド:カルバンクライン
名称:シーケービー
 
TOP:ベルガモット、ジュニパーベリー、ミント
MID:マグノリア、ピーチ
LST:オポポナックス、トンカビーン、白檀、ホワイトムスク
 
 
妹が昔から気に入って使っているものを少し分けてもらった。 
 
ユニセックス系の清潔感のある香り。それでいてどこか重さのある「一捻り」のあるトップノートは万人ウケ以上の狙いがあると見た。香りが落ち着いてくると柔らかな重さのあるフローラルウッディの香りに。ラストノートはムスクが力強く香る。ライバル「シーケーワン」よりは男性的、或いはナイトタイム向きか。
 
「力強い」「男性的」と書いたが、妹が付けるとフワリと香るムスクがまるで洗い立てのTシャツのような爽やかさ。清潔感のある知的な香りになる。自分で付けてもこの香りにはならないんだな。まぁ、そこが香水の面白いとこなんだけどね。

|

« アポロ入浴剤。 | トップページ | 坂本龍馬と勝海舟、その出会いの真相とは。 »

カルバンクライン」カテゴリの記事

香水メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147858/34272986

この記事へのトラックバック一覧です: 香水: Calvin Klein "CK be":

« アポロ入浴剤。 | トップページ | 坂本龍馬と勝海舟、その出会いの真相とは。 »