« ぐったり萬延元年。 | トップページ | 歴史的試合。 »

2010年5月20日 (木)

ある医院の待合室にて。

瞼が赤く腫れて痒い(見た目はキモい。笑)から医者に行った。
 
待ち時間の45分は、ただじっと長椅子に座って周りの患者たちの様子を観察してみた。
 
看護師さんや窓口の事務員さんと話す患者のかなりの数ががボソボソ不明瞭に喋るかブッキラボウな返答をしていた。そういう人の殆どが目線が下を向いているか泳いでいるかしていて、決まって無表情だった。
 
みんな何処かが悪くて通ってきてる訳だから(つっても、皮膚科だからな・・・)機嫌がいい筈はないんだろうけどさ、笑顔でハキハキ喋る人がもう少しいてもいいだろうとは思った。あんなのとばかり喋ってたら、生命力や若さが吸い取られそうだよ。
 
人とのやりとりは時として面倒なもんだけど、笑顔を出し惜しんだり如何にもめんどくさそうに返答したりするのは、やっぱり失敬だと思うわな。
 
さて、自分はどうだろう。
疲れてるときほどエネルギーを出し惜しまないように気を付けなくちゃねえ。でないと相手のエネルギーを奪うことになりそうだからね。

|

« ぐったり萬延元年。 | トップページ | 歴史的試合。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147858/34795159

この記事へのトラックバック一覧です: ある医院の待合室にて。:

« ぐったり萬延元年。 | トップページ | 歴史的試合。 »