« 江戸の諱、平成の難読ネーム。 | トップページ | マンガ日本史:50号「マッカーサー」 »

2010年10月 3日 (日)

懐かしの「スーパーレモン」。

懐かしの「スーパーレモン」。
先月のある昼休み。職場の仲良しさんと「懐かしのお菓子」トークで盛り上がっていた。
「『スーパーレモン』って飴、ありませんでした?」
「もしやパケがアメコミっぽい感じの…」
「そう、それで、表面に酸っぱい粉が付いてて…」
「あー、小遣いはたいて買いましたよぅ。結構ヤミツキになるんですよね〜」
「ええ、ええ。粉がなくなると普通のレモン味になるけど、また暫くすると酸っぱいのが出てきて(笑)」
「口ん中怪我しそうな感じの刺激が中毒モノでしたわ。よくできた飴でしたね」
 
…で、その職場の仲良しが偶然ネットで買い物してたら発見した、と言って持ってきてくれました。
 
「スーパーレモン」との久々の再会も嬉しかったけど、わざわざオイラのぶんまでポチってくれたのが何より嬉しいですなあ。

|

« 江戸の諱、平成の難読ネーム。 | トップページ | マンガ日本史:50号「マッカーサー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147858/37053286

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしの「スーパーレモン」。:

« 江戸の諱、平成の難読ネーム。 | トップページ | マンガ日本史:50号「マッカーサー」 »