« 震災日記①おそらく日本最悪の日 | トップページ | 震災日記③恐怖の端っこ »

2011年3月12日 (土)

震災日記②翌朝

■ダイヤは完全に「無くなっている」ものの、電車は動いていた。いつも通り出社。
 
■休暇のはずのリーダーが出社していた。早い時間帯に自分を家まで送り届ける決断をしてくれた礼を述べ、渋滞の中を送ってくれた上司にも、道中を心配してくれた上司にも頭を下げる。
 
■昨日の地震の規模、M8.8と発表。
 
--------------

□1823年の今日=文政6年正月晦日、勝先生の誕生日。
去年の今頃はいろいろ辛い時期だったけど、この先生の「語録」に励まされた部分があるなあ・・・。
あのさ、勝先生。今自分に何ができるか、自分の頭で考えて、自分で行動することにするわ。とりあえずは経済を担う社会人として、できる限りいつも通りに働いて、日本のカネとモノの流れを止めないように頑張るよ。自分の力で立てる人は、自分の力で立って歩かなくちゃね。そして東北の街並みが戻ってくる頃にはさ、貯めたお金で旅行にでも行って、東北でお金を使いたい。

|

« 震災日記①おそらく日本最悪の日 | トップページ | 震災日記③恐怖の端っこ »

震災日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147858/39263869

この記事へのトラックバック一覧です: 震災日記②翌朝:

« 震災日記①おそらく日本最悪の日 | トップページ | 震災日記③恐怖の端っこ »