« 震災日記⑥眩暈の正体。 | トップページ | 震災日記⑧文明の大仕掛けで »

2011年3月18日 (金)

震災日記⑦電車が動いた

■漸く電車通勤に。「午後は14時から通常の一割程度の本数で運行」って何なのだ。急行列車が一時間あたり4本だとすれば、一割なら一時間あたり0.4本・・・つまり、1時間÷0.4本で・・・2時間半に一本ってことなのか? 一抹の不安を胸に、会社へ。
 
■駅を降りたら、会社のある一帯は停電していた。停電していても電車が動く。有難い。思ったより電車は動いている。良かった。これでガソリンを使わなくて済むし。
 
  
■ふと思う。日本人が比較的原発事故に対して冷静でいられるのは、その怖さが未知のものではなく既知のものだからではないか、と。

|

« 震災日記⑥眩暈の正体。 | トップページ | 震災日記⑧文明の大仕掛けで »

震災日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147858/39312570

この記事へのトラックバック一覧です: 震災日記⑦電車が動いた:

« 震災日記⑥眩暈の正体。 | トップページ | 震災日記⑧文明の大仕掛けで »