« 震災日記⑤電力と危機管理と | トップページ | 震災日記⑦電車が動いた »

2011年3月17日 (木)

震災日記⑥眩暈の正体。

■12時半頃、停電。16時過ぎ、復電。新幹線動かしてる電気を他に回せねえのか。
 
■地震翌日から、軽い眩暈、軽い頭痛。そして何となく気分が悪い。しょっちゅう揺れているような気がする。なんでも「地震酔い」というものがあるらしい。原理としては船乗りの「陸酔い」みたいなものなんだろうか。
 
■今回の地震は6分間揺れたそうだ。阪神淡路が15秒だっていうから、その24倍か。

|

« 震災日記⑤電力と危機管理と | トップページ | 震災日記⑦電車が動いた »

震災日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147858/39312284

この記事へのトラックバック一覧です: 震災日記⑥眩暈の正体。:

« 震災日記⑤電力と危機管理と | トップページ | 震災日記⑦電車が動いた »