« 「JIN-仁-【完結編】」第二話 | トップページ | 原作=遠藤明範 漫画=神宮寺一「幕末めだか組」(講談社コミックス) »

2011年4月28日 (木)

或いは離岸流と放射能。(改題)

「海水浴場が安全だなんて、嘘ですよ。」
 
夏休みを迎える前のある日、大学の先生が言った言葉を思い出す。
 
海には危険な水流というのが二種類あって、ひとつは潮流、もうひとつは離岸流だという話。海に落っこちて潮流に流されてしまったら最後、自力で泳いで抜けるのは不可能だ。だが、よほどの事故にでも遭わない限り、潮流に飲み込まれる心配はしなくてもよい。夏休みを迎えるにあたって気をつけてほしいのは、離岸流のほうである。これは泳ぐのに安全と思われている海水浴場でふつうに発生するものであり、溺死事故の原因のうちでは、かなり多くの割合を占める。
 
「離岸流とは、その名の通り海岸から沖に向かっていく水の流れであり、これに捕まると50メートルから100メートルほど沖に流されます。海に行ったとき皆さんにも是非見てほしいのは、海岸に打ち寄せてくる波の白く泡立つ様子です。白い波が出来るのが数メートルにわたって遅れる場所があります。そこは離岸流が発生している可能性の高い場所であると言えるんですね。そして、離岸流は移動します。さっきまで何事もなく泳いでいた場所で、突然流されることも起きうる。」
 
そして、もし流れに巻き込まれてしまったことがわかったらどうすべきか、先生は黒板を使いながら説明してくれた。
・流れに逆らって泳がないこと。流れの速さはプロの水泳選手よりも速い。逆らうと体力を消耗して数分も経たないうちに溺れてしまうだろう。流れを横断すれば多少は流されても離岸流から抜けられる。
・泳ぎに自信がある人なら流れに乗って100メートル沖まで出てしまってゆっくり戻ってくるつもりでいてもいい。
 
みんな「へえー」とか「ほお」とか言いながら、阿呆になったみたいに口を開けて聞き入っている。いつもは退屈そうに座っている男子学生でさえ食い入るように黒板を見詰めている。
先生は続ける。
 
「離岸流が起こりやすい条件というのがふたつあるので、これは是非覚えておいてください。ひとつは遠浅であること。そしてもうひとつは外洋に面していること。有名な海水浴場でこの条件を満たしているところは結構ありますよね。いいですか、遠浅の海は安全だなんて思わないで下さい。海水浴場が安全なのは、一定の間隔で監視員が目を光らせ、ライフセーバーがいつでも出動できるように待機しているからなんです。つまり誰かが流されることを前提に準備がされているから比較的安全だというだけの話です。皆さんも海水浴に行かれるときは、その危険性と危険な目に遭った時の対処法を知った上で、心の準備をしておいて下さい。」
先生は離岸流の話をそう締めくくった。 

 
危険であることを前提に、それを管理する体制があるからこそ安全が保たれる。
危険を制御しているから安全なのであり、制御できなくなれば危険は危険でしかない。
これは海水浴だけの話じゃない。
 
改めて、安全神話という虚構は怖いものだな、と思う。
原発の近くの酪農場の牛たちをニュースで見たけどさ、何かが原因で制御できない状態になったら速やかに避難しなければならないこと、その避難生活は長期に及ぶ可能性があることを前提に対策を練ったり避難訓練をしたりしたことがあったのかな、と思った。
そのときには人も家畜たちも安全などこかに逃げなくちゃいけない。そんなことはちょっと考えればわかることだけれど、実際のところ今回牛さん豚さんたちは避難できなかった。
 
よく何かのリスクについて警鐘を鳴らそうとする人に向かって「人々が混乱するから恐怖心を煽るようなことを言うな」とか言う人もいる。それどころか当事者のくせに「縁起でもない」と言って耳を塞ぐ人さえいる。前者は人をナメ過ぎているし、後者は真摯さに欠ている。
これまで「原発は安全」「原発はクリーン」(あのぅ、核のゴミはどうするんでしょうか)の一点張りだった人たちは、一次産業の盛んな地域に原発を作ることに伴うリスクをどう管理するつもりだったんだろう。今更ながら、そんなことを思ってしまったよ・・・。

|

« 「JIN-仁-【完結編】」第二話 | トップページ | 原作=遠藤明範 漫画=神宮寺一「幕末めだか組」(講談社コミックス) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147858/39788983

この記事へのトラックバック一覧です: 或いは離岸流と放射能。(改題):

« 「JIN-仁-【完結編】」第二話 | トップページ | 原作=遠藤明範 漫画=神宮寺一「幕末めだか組」(講談社コミックス) »