カテゴリー「パルファム・ワット」の2件の投稿

2009年9月24日 (木)

香水:PARFUMS WATT"WATT BLUE"

ブランド:パルファム・ワット
名称:ワット・ブルー

TOP:ベルガモット、ローズマリー、ミント
MID:フリージア、ローズ、クリアウッド
LST:ムスク、サンダルウッド、シダーウッド、ピーチ

プレゼント用に購入。買う間際に試香してみたので、そのときの感想をば。
これも「イエロー」同様、メンズなのかレディースなのかよく分からないが、「イエロー」よりもパンチの効いたデザインのパケだったから、一応メンズかも。


トップノートはハーバルな香りが印象的。ダビドフの「クールウォーター」なんかと同系統の香りではないかな。ローズマリーとシトラス系がスウッと香るとこなんか。「クールウォーター」と違うのは、ああいう重厚さや力強さはなく、ライトでクリーンな印象に仕上がっているところ。その優しさや軽やかさがクールウォーター愛用者である自分にはしっくり来ないみたいなので微妙なんだが、快活で凜とした雰囲気のある女性が使ったりするといいかもね。
(と思って、そういう人にあげた。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香水: PARFUMS WATT"WATT YELLOW"

ブランド: パルファム・ワット
名称:ワット・イエロー

TOP:マンダリン、カシス、ピーチ
MID:フリージア、ジャスミン、スズラン
LST:キンモクセイ、アーモンド、ナツメグ

電球型のボトルが滅法可愛い。しかも黄色だから如何にも電球っぽい。惜しむらくはビンではなく液色が黄色いことだ。中身を使ってしまったら普通の透明のビンになっちまう。

甘くフルーティーで美味しい香り。スイーツ的な甘さではあるけれど、外国の安いキャンディ(特にベリー系)みたいな人工的なクドい甘さではない。この優しさ&甘さからするとレディースなんだろうが、華やかに拡散するゴージャス系でもなければ、濃厚パウダリー系でもないから、男性でもカジュアルに使えると思う。


ラストノートまで美味しい香りが続く。所有しているだけで何となく嬉しい1本だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)